Glacial Webwork : 駆け出し未満のデザイナー(自称)のお勉強ブログ。

ローカルから本番環境への移行はAll-in-One WP Migrationで楽ちん!

ローカル環境下でWordpressを用いて作成したサイトを本番環境に移す、という作業はWebデザイナーの方であれば多くの人が体験するはずです。ですが、そこにはエラーやミスも付き物・・・。
「今日中にやります!」ってクライアントさんに答えちゃったのに、いくらやっても移行がうまくいかない!大大大ピンチ!!困った!という状況に陥ったので、個人的メモを残しておきます。

想定外のトラブルというのは付き物ではありますが、胃がキリキリしますね・・・。

作業の概要

WordPressを用いたWebサイトをローカル環境から本番環境へと移す。

ローカル環境の状況

XAMPPを使って、Wordpressをインストール。
ローカル環境でのURLはhttp://localhost/sample/
これ自体はよくあるパターンだと思います。

ローカルから本番環境へ

本番環境のサーバーはクライアントさんが自前で持っていたロリポップ!でした。
パスワードやらなんやらを事前に聞いておいて、新規でデータベースを構築、ローカル環境のsqlデータ、.htacessを書き換えてアップロードすれば完了・・・のはずでした・・・。

悪夢の始まり

クライアントさんのロリポップ!のサーバー構成

すでに複数のWebサイトのデータがフォルダごとに分けられて入っており、それぞれに独自ドメインも割り当てられています。フロントページにアクセスすると、WordpressフォルダのWordpressで構築サイトが表示されるようです。素人の私には説明するのがなかなか難しい構成です・・・。

大まかな手順としては、

  1. この中にsampleフォルダを新しく作成
  2. ロリポップ側で新規データベースを作成して、sqlデータをインポート
  3. sampleフォルダ内にWordpressのデータをFTPでアップロード
  4. 独自ドメインを割り当てる(独自ドメインの設定はロリポップだと簡単)

色々とおかしい・・・

手順としては間違っていない、はずなのですが、うまくいきませんでした。(泣)
トップページは表示されるけど、その他のページは表示されない、管理画面にもアクセスできない。
色々調べても、トップページと管理画面にはアクセスできるけど、その他のページは表示されないときの対処法しか書かれていませんでした。

本格的に困った

楽に移行できるプラグインはないかなと思って見つけたのが、All-in-One WP Migrationです。
行き詰った私もこれで簡単に固定ページや記事の一覧、カスタム投稿、ユーザー一覧まで一通り簡単に移行することができました!!どうしてもうまく移行できないときの切り札として、覚えておくと便利そうです!

無事に納品できました!!

サイトの評価もよく、次のお仕事を貰えてよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA