Glacial Webwork : 駆け出し未満のデザイナー(自称)のお勉強ブログ。

Webサイト制作に(個人的に)便利だと思うソフトまとめ

Webサイト制作に関してまったくのド素人だった私も1年経てば、多少お仕事も覚えてきました。

ノウハウもサーバーも何もなく会社で一人で取り組んだため、まずクライアントさんとの打ち合わせの時点で苦労しました。「海っぽいデザインでお願いします。」という要望を受けてサイトを作成したら作成後に「やっぱり●●風のデザインにしてください。」(海とはまったく関係ない)って言われて、ざけんな!!って思ったり・・・。先輩に分からないことを質問する、コネ繋がりで誰かに聞くといったこともできず・・・。
安泰とはいかず、なかなか苦労を強いられました。

ここではそんなド素人だった私でも使いやすくて便利だなと思ったソフトをいくつかご紹介します!


TeraPad

ダウンロード:http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/

初公開が1999年、歴史を感じるシンプルなテキストエディタです。

Windows付属のメモ帳と違って、文字コードを選択可能、HTMLタグの色分けが可能と単純ながら便利なソフトです。わざわざDreamweaverを使うほどじゃないなぁってときに今でも愛用しています。

Brackets

ダウンロード:http://brackets.io/

PhotoshopやDreamweaverでおなじみのアドビが提供する、オープンソースのウェブ制作用テキストエディタ。

ウェブ制作用というだけあって、コーディングした内容を即座にブラウザに反映させられるライブプレビュー機能がとても便利です!動作自体も軽快、HTMLなどのタグ入力を補助もしてくれるとあって、初心者にも嬉しい限り。これが無料で使えるのだからすごい話だと思います。

brackets

Dreamweaver CC

まいどおなじみのアドビで年間26,160円(2018年1月現在)と安くない金額ですが、さすがの高機能です。Bootstrapのナビやカルーセル、グリッドシステムの入力を補助してくれるのが初心者のうちは非常にありがたかったです!ただし、高機能な分使いこなすのも難しいため、初心者で自信がない方にはお勧めできません。というか、HTMLやCSSだけならBracketsで十分。

※たまに割引されていることもあるので、そのタイミングを狙って契約するといいかもしれません。

dreamweaver

Photoshop CC

使ったことはないけどPhotoshopの名前ぐらいは聞いたことがある、という方は多いと思います。写真や画像の編集からパンフレットやチラシ、名刺のデザインまで、様々な用途に対応。機能がすごすぎて私には使いこなせませんが、慣れてくると使い勝手の良さに病みつきです。慣れるまでは現実を思いのままに再構築というキャッチコピー通りにはなかなかいきませんが・・・。

photoshop

Pixia

ダウンロード:http://www.pixia.jp/

フリーのペイントソフト。画像の切り取りなどに重宝・・・してました。会社だとPhotoshopがあるのでそっちでいいやってなってしまいましたが、趣味で絵を描いたりWebサイト用の画像の編集を行う分には十分です。

 


 

こんなところでしょうか。

個人的にはBracketsでも素敵なWebサイトが十分作れると思います。むしろ、ソフトそのものは非常に気に入ってます。簡単な画像の編集ぐらいなら、Pixiaで問題なくいけます。GIMPも使い勝手はいいですが、Photoshopに触れてしまった私は戻れそうもありません。(泣)

より良い作品を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA